陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2024-04-08

Top / FrontPage / 2024-04-08

神の波動

色んなことが心の中をめぐる
外から入ってくる情報
そして、自らが発している情報
それら情報としてくくってはいるが
さまざまな波動を受け、様々な波動を発していることのようだ


超ミクロの世界では、粒と波の世界が在るという
あまりに抽象的であり、量子論の世界では当たり前のようだが
光に始まり、全ての存在には粒と波の性質が在るという
まさしく陰と陽の世界である

陰陽の世界もあまりにも抽象的であるけれど
陰陽の世界に量子の世界を重ねると
面白い世界が見えてくる

色即是空、空即是色という宗教の世界と量子の世界が重なって見える
そして、陰陽の世界観が加わる
目に見えにくいモノと目に見えるモノ
さらに、星の王子様の中で語られる
一番大切なものは目に見えないという言葉がある

全てをひっくるめると、全ての全てには、波と粒の状態が在るということ
粒という目に見えやすい状態は何となくイメージできる
波は難しく、海で起きる波も川で起きる波も
写真や動画に撮れば一つの風景だが
その波の中には様々な情報が含まれている
海や川底の形とか風
地磁気の力とか引力の力
その中に含まれているもの
探せばキリがない

土で作られる器もしかり
同じく、私たち自身の人生も、この肉体も、この健康も
その場で切り取ることも出来るが
波として、波動として感じるならば、そこには、気が遠くなるような情報が含まれている

その波動に含まれている一つ一つを引っ張り出すこともできるだろうが
全体の波として見ると相互に関わり合い影響しあっている
その波を自分の理想に合ったものにしようとしても思い通りにいくものではない
こちらをいじれば、あちらに影響が出る
とんでもないところをいじれば、予想に反するかのように波を整えることも出来たりする
音楽には詳しくはないが、全体を整えるためには不協和音も必要なことが有るのと同じだろう

さて、一体何を言いたいのだろうかと考えると
目に見えにくいところを意識していないとその波を整え素晴らしいものとは出来ないということ

目に見えないもの、見えにくいモノは様々あるが
目に見えない一番重要なモノが在る
それは、神さま
創造主でもある
宇宙を統べる根本的な願い
その願いの思い、その波が宇宙全体を覆ているだろう
その波が部分部分に影響を与え
宇宙全体をシンフォニーの如く彩っているのだろう

このシンフォニーの指揮者の願いを無視して素晴らしいモノは出来あがらない
部分部分の波を調整する必要もある
個人の健康も人生も、全体社会も同じであり
一つ一つ、部分が努力する事
神の願いを感じとりつつ努力することが必要なのだろう



コメント


認証コード(4067)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼