陶玄郷

フラクタルの森で薪だけを使い備前焼を焼きながら迷走、瞑想している玄明のホームページ

FrontPage/2024-04-09

Top / FrontPage / 2024-04-09

ワクチン接種による免疫系の乱れ

私は一度もワクチンを打っていない。まだユーチューブでは、コロナワクチンのことを正面から非難するとバーンされたりするらしいけれど、一部専門家たちもこのワクチンによる被害を警告しているようなものも見る。


医学的なことは分からないが、当初から世界中の反対意見の医師たちの意見に触れていたことも有り、私は打たなかった。ただ、当時危惧されていたことが具体的に現れているのに、日本では今も国民に打たそうとしているようだ。

本来、免疫力とは元々人間の体に創られている機能である。
さまざまなことに対する防御機能が創造主により与えられているのが私たちの体だろう。
その機能をm RNAワクチン(本来、ワクチンとは言えないようなものらしい)で補おうとして、余計な力を加えてしまったことで狂わせてしまっているように思う。
ワクチン接種が始まって以来、世界中の超過死亡者数(前年比での予測死亡者数)が信じがたいレベルまで増えている。コロナでの死者や災害などでの突発的な死者数を加えても説明がつかないという。ワクチンとの因果関係は証明されていないけれど、免疫力という防衛機能が狂わされて、その防衛力の攻撃が自分自身に向かっているとすれば、ちょっとした原因でガンなどにもかかり易くなる。本来なら、自分に備え付けの防衛力で守られているはずのものが働かず、自分を攻撃するならどうしようも出来なくなる。

小林製薬の紅麹関連の被害についても、私はワクチン接種による自己免疫力の狂いが原因ではないかと疑っている。

波動ということで考えると、要するに、元々防衛力という波動で覆われているのに、その防衛力を崩す波動を政府やメディアから送り込、それに乗ってしまっているために防衛能力が落ちている。

衆議院議員の原口一博氏のサイトも良く見ているが、彼も接種後不都合な事も起こり、更にガンにもかかった。彼は、及川幸久氏との縁から、様々な医学的専門家との縁も広がり、ガンも克服出来て、ワクチンの悪影響も打ち消すことが出来たようにおっしゃっている。

適切な修復のための波動を入れることが出来たということでもあるだろう。

2023/05/17 m RNAワクチンによる被害の全国調査への提言 原口一博国政の視点 Twitter spaceより
https://www.youtube.com/watch?v=840CkgzJrEk

結局、色んな専門家もいて、また、色んな利権も絡み中で、人々を苦しめる波動が充満し、それを打ち消そうとする波動も有るけれど、大手メディアやグローバリストたちは、自分たちの利益の事ばかりを考え、その悪しき波を出すことを止めようとしない。要するに悪魔の出す波動と、神仏、天使軍団から出されている波動とが戦っている。
ハルマゲドンの戦いであろう。

どちらの波動(霊波)を拾うのかは、結局自分自身が発している波動に沿ってくる。自己中心で保身や利得を強く思って居たりすると、地獄からの波を拾いやすくなる。利他の気持ちが強ければ、天国からの波を拾いやすいだろう。
純粋な信仰心というものがあれば、どの波を拾いやすくなるかは決まってくるだろう。それでも色んな試みは襲ってくる。



コメント


認証コード(4461)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

備前焼